« 長野松代温泉 松代荘 | トップページ | 秩父鉄道SL »

静岡

3月11日(土)日帰りで静岡をドライブした。本当、気まぐれで何となく行き先を決めてしまった。

まだ外が明るい3時30分、自宅を出発。首都高速、東名高速もさすがにガラ空きで順調に進む。厚木ICを過ぎたあたりで夜が明けてきた。目の前には丹沢の山々とその奥には富士山が。車を進めていき足柄SAで休憩。目の前には富士山がドカッと君臨?している。ただ素晴らしいの一言。この時間、空は快晴で頂上まではっきりと見える。あまりに凄い景色なので一時間くらい休憩してしまった。これは私個人の感じ方であるが霊峰と言われているような山の前に立つといつも怖さというか山が覆いかぶさってくる感覚というかパワーに圧倒される感覚がある。この富士山もそうである。

清水ICを降り三保の松原へ。ここは17年ぶりになる。_002_2 _007_4 _003_3 _004_3 _005_3

ここの雰囲気は当時のままだなあ。天女が羽衣をかけたと言われる松はかなり弱っていた。しばし散策。この日は波が荒く、沖には少し白波が立っていた。海岸に石は大きく歩きづらい。空は朝とは違って曇天。晴れていれば富士山が見えていたのに…。

その後、車で15分くらいのところにある久能山東照宮へ。道中、道端で石垣いちごのいちご狩り勧誘?が凄かった(笑)。ここを訪れるのも二回目。1159段の石段を登るのはキツイ(爆)。一段一段の高さは低いがなんたって1159段である。ある人の本で読んだ一説を思い出した。「頂上を目指すな。目指すと頂上ばかりが気になり回りの景色や音が聞こえけなくなる」。なのでゆっくりと下界の景色や音を楽しみながら登る。上からの景色はなかなかなものである。30分くらいかけただろうか?拝殿入り口の到着。ここは場がいいなあって感じた。凛とした空気を感じた。入場料を払い、中へ。ちょうど入った時は掃除の真っ最中で宮司さんのような方々が一生懸命ホウキで掃いていた。ここでうれしいことが。ひとり残らず自分に「おはようございます」と元気に挨拶をしてくる。やっぱり元気に挨拶をするってことは気持ちのいいものだなあ。場がいいと感じたのもこの方々がいらっしゃるのも関係している気がする。ここでも30分くらいゆっくりする。実に気持ちがよかった。さあこれからは石段を降りる。やっぱり下りは楽だなあ。登りの半分くらいの時間で降りきった。鳥居の前にあるお土産屋で石垣いちごを買い、ここを離れる。

_009_4_010_3_011_2_012_3_013_1   _014_3   _015_4 _017_3 _020_3 _023_3

静岡ICから東名に乗り富士宮へ。何故かって?それは焼きそばを食べたいからです(笑)。富士ICを過ぎ西富士道路へ。そして富士宮に到着。しかし下調べをしていなかったのでどこにどんな焼きそば屋があるかわからずウロウロ。結局、駅前の観光案内に行き焼きそば屋マップを入手。何軒か店の前まで行ってみるがパッとした店がなく結局「ちゃん」という鉄板焼屋に入る。ミックスの大盛焼きそばを注文。10分くらい待って大盛焼きそばの登場。結構ボリュームがありそう。まずは口に運ぶ。麺がシコシコしてておまけに肉カスが入っていてうまい。キャベツは千切り状態で麺に絡んでいる。結局なんなく完食。正直、たかが焼きそばと馬鹿にしていたがまた食べてみたいと思わせられてしまった。お腹がいっぱいになったところで朝霧高原経由で河口湖に向かう。ここ富士宮からの富士山も絶景のはずであったが上のほうが曇っていて残念。

車を走らせていくと段々天気が回復してきた。朝霧高原の道の駅に着いたころにはとうとう富士山は頂上まで顔を出してきた。この道の駅ではでっかいキャベツ、しいたけ、そして富士宮のやきそばセットを買う。_027_3 _029 _030_1

ここからは富士五湖の間を抜け河口湖ICより中央高速に入り早々と帰宅。やっぱり間近で観る富士山は凄い。自宅からも晴れた日は見えるが全然違う。

渋滞が嫌いなためドライブの時はいつも日が昇る前には家を出発し、日が沈むころには家に着くようにしている。渋滞にはまる事ほど無駄なことはないと思うので。

|

« 長野松代温泉 松代荘 | トップページ | 秩父鉄道SL »

旅行(国内)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡:

« 長野松代温泉 松代荘 | トップページ | 秩父鉄道SL »