« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

白骨温泉

新穂高温泉を後にし白骨温泉へ。その前に腹が減ったので奥飛騨温泉道の駅で飛騨牛の串焼きを食べる(600円)。なかなか美味いが塩、コショウの味付けが自分には少し濃い気がしたが。入りたかったが今回は見送ることにした平湯温泉を過ぎ、安房トンネルをくぐり再び長野県へ。国道158号線から白骨温泉の看板を左に入り、10分くらい行ったところが白骨温泉

数年前に一度訪れ、公共の露天風呂に入ったことがあったが、その時は白骨温泉草津の湯だった(笑)。この表現、わかる方にはわかるはずかなあ?。白骨温泉街の入口を左に折れ上高地乗鞍スーパー林道を数分進んだところが泡の湯。12時着。

駐車場に着くと結構車の数が多いことに気づく。やばいかも~。この日は別館となっている外湯は13時30分から。本館の野天風呂と内湯のみの入浴となる。入浴料1,000円を払い泡の湯オリジナルタオルを受け取り、中へ入る。脱衣所の手前に飲泉があり、早速口に含む。う~ん。まずい!硫黄臭さが口に広がり何とも言えない不味さだ。ちなみに「飲泉の不味さ第一位」は圧倒的に「増富温泉」です。血を飲んでいる感覚になります。興味のある方はぜひお試しあれ。_023_8 _018_8 _021_5 _019_6

ここから先は撮影禁止の張り紙がしてあるため画像はありません。

まずは内湯に入る。木製の造りで雰囲気がある。この内湯、あったか湯(42度)とぬる湯(39度)二つの風呂があり前者は源泉に加温。後者は源泉掛け流し。とりあえずぬる湯に浸かる。お湯の色は若干白く濁っている程度。まだお湯が空気にふれて間もないため濁りが少ないのだろう。湯の花がたくさん浮いている。またこのお湯は肌に纏わりつく感覚がある。源泉そのままなのにやわらかい。凄い湯だ。それと炭酸成分を多く含むためか、身体全体に気泡がたくさん付く。掃ってもまたすぐに付く。炭酸は別にしてこの湯に入った第一印象は万座温泉ホテルの姥湯に似ている。非常にいい湯で気持ちがいい。この湯は最後にとっておくとして2~3分であがり超有名な野天風呂に向かう。

ここの造りは変わっている。入口には階段があり、それを数段下るとちょうどお湯が腰まで浸かる状態になる。そのまま暖簾をくぐると野天風呂に出られる。混浴風呂のため男女が気を使わないよう配慮されているようだ。入口付近は人がたくさん。なので一番奥に行く。ちょうど源泉の出口が空いており、そこに居座る。温度は温め。色は超白濁。自分の手でどのくらいの透明度があるか試してみると水深30cmくらいで自分の手が見えなくなる。この湯も気持ちがいい。空は雲ひとつない晴天。空気も澄んでいる。素晴らしいロケーション。思わず寝てしまいそうになる。気持ちがいい~。浴槽がヌルヌルしていたため爪で削ってみると苔のようなものが取れた。汚いと思う方もいるとは思うがこれが温泉のいいところだと思う。出来るだけ自然のままがやっぱりいい。時計を見ると13時。そろそろ出ないと。

最後に入り納めのため内湯のぬる湯に浸かる。本当にいいお湯だ。何度も寝てしまいそうになった。お湯自体の順位を付けるとしたら、今まで一番良かった湯は万座温泉ホテルの苦湯。その次がここ。結局ここで40分くらい浸かってしまった。お名残惜しいが時間もないことだし上がることにする。

この泡の湯。宿泊するには値段が高いが、何かの記念日など特別な日にはぜひぜひ一泊してゆっくりと湯に浸かってみたい。

※泡の湯のHPはhttp://www.awanoyu-ryokan.com/

帰りに一枚だけ野天風呂の写真を撮ることが出来たので載せておきます。入浴している方がいらっしったので急いで撮りましたから見づらいですが(泣)。_022_5

帰り道は乗鞍経由で帰る。途中、乗鞍岳がメチャメチャ綺麗に観えたのでシャッターを切る。素晴らしいの一言。_026_6

帰路は松本市内の懶亭(ものぐさてい)で信州そばを食べ上信越道の佐久平PAでは大好きな神津牧場のアイスクリームを2つ食べ、またまた帰りは食三昧となった。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

新穂高温泉

06年11月25日

またまた出掛けてきました。今回は岐阜県新穂高温泉長野県白骨温泉です。まずは新穂高温泉から書きたいと思います。

AM1時、自宅出発。首都高、中央道も順調。談合坂、諏訪湖SAにて休憩しつつAM6時10分松本ICを下りる。ETC深夜割引を上手く使い、高速料金は通常料金の約半額になった。この日も天気は快晴。雲ひとつない空だった。国道158号線をひた走る。そして安房トンネルを過ぎ岐阜県に入る。まだ時間が早いため、とりあえず新穂高ロープウェイ乗り場付近まで行く。天気が良いため笠が岳などの北アルプスの山々が目の前に広がっている。素晴らしい景色だ。迫力があるが何だかやさしい印象を受けるのは何故だろう。_034_5 _038_3 あまりにも素晴らしいのでその景色を無言のまましばらくぼ~っと眺めていた。がしかし、めちゃめちゃ寒い。気温は氷点下。手がかじかむだけでなく身体全体がカチカチに凍りそう。早速、車に戻る。本当は新穂高ロープウェイで上にあがって絶景を観たかったが、運転開始時間が8時30分。それまで待っている時間は無い。今回の主旨は温泉めぐり。温泉堪能がおろそかになってしまってはなあ…。なのでここを後にする。

PM8時10分。水明館佳留萱山荘到着。入浴料800円を払いオリジナルのタオルをもらう。温泉は宿泊用建物とは離れている。貸切風呂もあるようだが日帰り客は宿泊客がチェックアウトしたAM10時以降でないとだめらしい。早速露天風呂へ。_042_1 _043_4 _045_4

露天風呂数は3つ。まずは一番手前の風呂の入る。温度は熱くもなく温くもなく、ちょうどいい。まわりには巨大な石が並んでいてストーンサークル?のようだ。お湯は無色透明。臭いは石の臭い(笑)がする。いや~気持ちいい~。何なんでしょう。開放感だとかそんな簡単な表現でなく、場がいいとしかいいようがない。まわりは山々に囲まれ、おまけに北アルプスも見える。横には蒲田川のせせらぎも聞こえ空気もいい。素晴らしい温泉です!_004_11 _005_12 _007_10

この温泉はかなりデカいので続いて奥の湯船に行く。ここの左奥には洞窟があるのに気づく。早速洞窟の中へ。温度は温めであるが自分には気持ちよく感じる。一番奥に入ると源泉が流れているような小さな滝にようなものがある。何度もシャッターを押すがフラッシュを炊くと真っ赤に写ってしまい、炊かないと真っ暗。仕方がないので諦める。この洞窟風呂も変わっていて面白い。_058_1 _070 _069_1 _060_3

続いて脱衣所に近いもうひとつの湯船へ。ここのお湯も温め。あまりに気持ちいいので出たくない。空は雲ひとつない晴天。本当に場がいい。ここの湯船の真ん中から源泉が噴出しているので飲んでみた。うぎゃ~。まずい。鉄の味がする。臭いはしないのであるが何でこんなに鉄の味がするのだろう。しかしここの時計は壊れていて時間がわからない。なので寒いのを我慢して脱衣所まで行き、時計を見に行く。すると9時10分を回っていた。そろそろ上がらないと(泣)。最後に20分くらい入り貯め?をして上がる。_001_7 _002_8_003_14 

この温泉はとにかく素晴らしいです。少し遠いですが必ずまた来たいと思います。

水明館佳留萱山荘HPはhttp://www.karukaya.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

貝掛温泉

06年11月23日

法師温泉を出発したのが結局12時過ぎ。不完全燃焼であるため次にどの温泉に行こうか考えていた。「中之条から四万温泉に行こうかとも考えたがあまりにも有名な温泉なためきっと法師温泉同様の結果になるかもしれない。それとも近くの猿ヶ京温泉にで行こうか」等々、頭の中で迷いがあった。ちょうど国道17号線に出た瞬間、「貝掛温泉」の文字がいきなり頭に浮かび、早速向かうことにする。ここから現地までは約25km。思っていたより近い。三国トンネルをくぐり、新潟県に入る。川端康成じゃないですがトンネルを越えると曇りだった(笑)。苗場、田代を過ぎ、しばらく行ったところで標識を発見。国道17号から左に入り、道幅の狭い急坂を下り、清津川に掛けられている非常に幅の狭い橋を渡ったところが貝掛温泉。_043_3 _040_3 _018_7

フロントで二人分2,400円を払い中へ。大浴場に向かう間、ここは自分のとって非常に合っている場だと瞬間的に感じた。何だか無性にワクワクしてきた。_038_2 _037_2

脱衣所で使われている籠の数を思わず数えてしまった(爆)。5つの籠しか使われておらずひとまず安心する。いざ浴場へ。ここには内湯が二つと露天風呂が二つある。まずは露天風呂に入る。まわりが山に囲まれ景色はよい。お湯は無色透明。温度は非常に温め。源泉掛け流しのお湯に加熱している温泉はいっぱいあるがここは加熱をしていないようだ。個人的には手を加えない温泉ほど好きである。お湯も非常にいい。気持ち良さと温さの影響もあってか、ここで30分も浸かっていた。時間が経つにつれてお湯の温度がどんどん下がってきたのでもうひとつの小さい露天風呂に入る。ここは加熱してあるのか少々熱め。しかし髪の毛や垢のようなものが浮かんでいたので(これだけが唯一残念)さっさと上がり内湯に向かう。_019_5 _020_8

まずは入口に近い方の湯船に入る。温度はすこし熱めであるが非常に気持ちいい。2~3分で上がり、すぐ横にある湯船に入る。これはベリーグット!温度は温め。思わず寝てしまいそうになるくらい気持ちいい。しばらくすると身体に気泡が付いているのに気づく。掃ってもまたすぐに付く。炭酸水なのか?って思ってしまう。それとこの温泉は不思議な湯であることに気づいてしまった。湯船に浸かっている手足を見ると手足の回りが青白い光で縁取られたかのように見える。照明のせいかと思い場所や角度を変えてみるが、太陽光が入ってくるところはみな同じ現象が起きる。[目に効く温泉]と言われているがゆえに自分の目が今以上に良くなったからなのかどうかわからないが…?。もう時計を見ると2時5分前。日帰り入浴は2時までなので最後に飲泉をしてさっさと上がる。ちなみに飲泉した感想は…味の素をお湯に溶かしたような味がしました。飲めなくはないですがおいしくは…???。_023_7 _024_7 _029_3 _035_6 _028_5 _030_4

この貝掛温泉、しつこいようですが非常気に入りました。自分にとってここの場があっているように思えます。新潟県と言えどもそれほど遠くはないので時間があればサクッと行きたいと思います。

貝掛温泉のHPはhttp://www.kaikake.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法師温泉

06年11月23日

最近、温泉めぐりすることに火が点いてしまったようです。今回は群馬県みなかみ町にある法師温泉長寿館に行ってきました。

朝7時に出発。天気予報では曇りとの予報で車の量はあまり多くない。長寿館の日帰り入浴はAM10時30分~PM2時。まだ入浴開始まで時間があるため東松山ICから関越道に乗ることにする。今日の天気は曇りだがものすごく見通しがよく、途中、赤城山や榛名山はもちろんのこと、紅葉が終わりかかっている武尊山や雪で白く染まった谷川岳までが手に取るように見える。

ゆっくり行ったつもりであったが10時10分、法師温泉長寿館到着。三国峠の麓にある一軒宿である。車を降りると寒い。早速、用意していたダウンジャケットを羽織る。_001_6 _002_7 _003_13 _012_10

周辺を散策してみるが寒いため建物の中で待つことにする。中に入るとすでに4人の方が待っていた。何だかいやな予感(笑)。10時30分を過ぎ、入浴日帰り受付開始。_004_10 するとどこで待っていたのか後から後からゾロゾロと他のお客さんが入ってくる。ますますいやな予感(笑)。入浴料二人分の1,600円を払い、大浴場の法師の湯に向かう。_007_9

この湯はもう二十年くらい前になるだろうか。国鉄のキャンペーンCMで上原謙と高峰美枝子がここを入浴しているシーンが使われ一躍有名になったところである。そのせいで?母親がどうしても行きたいと言いはじめてしまって父親が仕方なく連れて行ったのであった(私も便乗しましたが(笑))。

脱衣所から浴場に入るとびっくり~~!!。何と人の多いこと。二十名以上はいただろうか。自分がどこに入ったらいいのか考えてしまうくらいの人だ。一番奥の端に若干のスペースがあり、そこに入る。湯は無色透明。臭いはあまりしないが源泉掛け流し特有の「石の香り」(勝手に自分でそういう呼び方してます)がする。温度は温めで自分にはちょうどいい。お湯はなかなかである。湯船の中には石が敷き詰められており、またこの建物は開湯した江戸時代当時からの面影を残すため柱から壁まで全て木造で非常に雰囲気はある。しかしながら自分が湯に浸かっている間も続々と人が入ってくる。こんなこと高校時代の合宿以来である(爆)。もう我慢の限界。30分で出てきてしまった。

非常に不完全燃焼である。前に来たときとは印象が全く違った。きっと宿泊でくるとこんなに混んでないんだろうなあ。

あまりにあっけないので帰る前に周辺をしっかりと散策しました。 それから湯船の写真はとてもじゃありま_009_10せんが撮る事ができませんでした。あの人の多さじゃなあ。_010_12 _017_9 _016_5 ちなみに法師温泉長寿館のHPはhttp://www.houshi-onsen.jp/index.htm

不完全燃焼なのでこれではとてもとても帰る気にはなりませんでした(笑)。なので…。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥鬼怒温泉 八丁湯

06年11月18日

仕事のストレスが限界です(笑)。なので急遽、温泉に行ってきました。温泉と言っても普通の温泉じゃつまらない。自然に囲まれた秘湯、奥鬼怒にある八丁湯に行ってきました。

AM5時に出発、東北道に入るが渋滞は全くない。佐野SAを過ぎたあたりで夜が明けてくる。空はオレンジ色に染まり心が和む。宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り、今市ICを下りる。ここからは一般道。国道121号線経由で鬼怒川温泉を通り、川治湖を過ぎ、AM8時に川俣温泉到着(その途中、瀬戸合峡に寄って景色を楽しみました)。_003_12 _004_9 間欠泉を見たくて早速、車を降りる。すると間欠泉展望台に横に設置してある噴出予想時間掲示板には「00分」の表示。あわてて見に行く。ちょうど吹き出している途中であったが何とか見ることは出来た。しかしカメラのシャッターを切る余裕まではなかった。

川俣温泉出発。約5分で女夫渕温泉無料駐車場到着。ここから徒歩で約70分行くと八丁湯に着く。しかし12日に雪が降ったとの情報あり、遊歩道がぬかるんでグジャグジャの可能性があるため今回は送迎バスを利用することにした。(送迎バスの利用は宿泊もしくは食事付日帰り入浴の客のみ利用可。今回は後者)

まだバスのお迎えまで1時間もある。とりあえず女夫渕温泉の周りを散策。数年前にこの女夫渕温泉に入浴したことがあったが無色透明のお湯にもかかわらず、硫黄の臭いが結構きつかったのを思い出す。しかしいい湯であった(写真は遊歩道入口の橋から女夫渕温泉を撮影)。_006_6

AM9時30分、奥鬼怒のもう一つの有名な温泉宿、加仁湯のバスが二台到着の後、八丁湯のバスが到着。4WDのマイクロバスである。我々二人の他に4名の客がいた。さあ、出発。奥鬼怒スーパー林道を走る(一般車は通行不可)。しかし凄い道。ダート道でガタガタ。スピードも当然上げることができず20~30キロが精一杯。_007_8 _008_11 _009_8 手白澤温泉を通り加仁湯の敷地内を通リ過ぎるとそこが八丁湯。時計_043_2を見るとAM10時だった。_049_2  _041_4

_034_4早速、中に入り二人分の5,000円を払い、休憩場所に通される。中に入るとテーブルが用意してあり、すでに昼飯用の小鉢が6つ置いてある。ラップで覆ってはいるが何だかなあ…(笑)。

まあそんな昼飯のことより、宿泊客が来ないうちに風呂を堪能にないと!。_035_5_024_6  服を脱ぎ早速外へ。う~寒い。ますは一番手前にある雪見の湯に入る。_014_9 お湯は無色透明。硫黄の香りが若干する。_015_8_022_4_019_4_018_6湯の花が凄い。少し温度は熱め。1分くらい浸かっているのが限界(笑)

。すぐに滝の横にある石楠花の湯に行く。    温度がやや温めであるが自分にはちょうどいい。この湯は湯の花があまり多くはないが真横には滝から水が落ちていく様子を見ることができ、その水の音もいい。いやあ~気持ちいい。我々以外、だれもお風呂に入ってきていないためまさに貸切状態。深呼吸しながら湯に浸かっているとまさに自然と一体になった感覚を覚える。湯当たりという言葉は無縁のように思えた。まさにベスト温泉!時間の経つのも忘れてしまい、おそらくこの湯だけでも40分くらいは浸かっていただろうか?

次に滝見の湯に浸かる。ここの湯も石楠花の湯ほどではないが温度は若干温め。自分にはとってもありがたい。湯の花は石楠花の湯と同じくらい。この湯もいい湯である。滝を下から見るのもまたいい。マイナスイオンが凄い。この湯にも20分くらいは浸かっていただろうか。_016_4 ここも本当に気持ちがいい。

ようやく?のぼせてきそうな気配を感じたため最後に熱い熱い(笑)雪見の湯に数を60数えただけ入り、上がることにした。

時計を見ると11時20分。しばらく休憩場所で横になることにした。ちょうど寝かかったころ、昼飯が運ばれてきた。一応カレーかそばを選択でき、今日はカレーとそばをひとつずつ頼んだ。早速口に運ぶ。う~ん。コメントは控えます(笑)。一応、全部食べましたが…。

しばらく休んだ後、お口直し?にまたまた風呂に入りに行く。さっきと同じ順番に入る。やっぱり石楠花の湯が一番気に入ったみたいだ。ふたたび休憩場所に戻るとPM1時30分。しばらく横になり八丁湯の周りを散策することにする。宿のそばには川が流れていて、またこの宿には大型の犬がいる。結構、ぼけた顔をしていてかわいい。_046_2 _012_9

最後の最後に正面玄関に横に設置されている熱い熱い熱い足湯に浸かり、PM2時30分バスに乗り八丁湯を後にする。

女夫渕温泉無料駐車場PM3時着。帰り道に川俣温泉で再度車を降り、行きに撮りそこねた間欠泉の噴出しを撮る。_053_6 そして行きとは違うルート(霧降高原~日光IC経由)で帰路についた。

今回、行った八丁湯の感想。お湯については万座の方が好きですが場は八丁湯の方が好きです。ストレスが一気に吹き飛ぶ場だと思いました。春になったらまた行きます。八丁湯の公式HPはhttp://www.8tyo-no-yu.co.jp/

※八丁湯で面白い雲が出現したのでシャッターを切っておきました。_032_5

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »