« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

日光湯元温泉 湯の家

07年8月15日

お盆休みのUターンラッシュがピーク。と言えども時間があれば温泉へ!ラッシュを掻い潜ればいいだけです!(笑)

渋滞情報によると東北道は上り線上河内SA付近、矢板IC付近がヤバイとの事。であれば宇都宮IC以南を利用すればいいだけの事のはずです。AM6時30分自宅出発。一般道は全く渋滞なし。途中、義父を乗せて出発。羽生ICから東北道に乗るも全く渋滞なし。ここからは順調に日光宇都宮道路、いろは坂、中禅寺湖を通りAM10時30分。日光湯元温泉湯の家到着。さすがに標高1,500m。空気が違う。とにかく涼しい。途中、中禅寺湖から湯元温泉に向かう道のりの緑がものすごくきれいだった。木々が伸び伸びとしていて何だか笑っているような気がした。016

この湯の家。湯の湖の湖畔にある旅館で、湯元温泉の象徴である「湯の平湿原」にある源泉とは別源泉を引いているとの事で楽しみにしていた。ここの建物は鉄筋で風情は無い。フロントで入浴料三人分1,800円を払い中へ。フロントから一番奥に進んだところに風呂がある。ここには男女別の内風呂が各1つずつ。宿泊者専用の貸切風呂が一つある。

さあ、浴室のドアを開けると…。湯船が大きい。20人くらいは楽に入れそう。そしてそして一番びっくりしたのは湯船からこぼれているオーバーフォローした湯量。排水が間に合わないのではないかと思うくらい。これは期待できるぞ。掛け湯をし湯船の中へ。いや~あ。なかなか気持ちがいい~。温度は42℃くらい?色は白濁(時折、緑+白濁にも見える)。湯には細かく白い湯の花が無数に舞っている。匂いは硫黄臭が一番目立つ。お湯を舐めるが若干の苦味とタマゴ臭。ここには三つの湯口があってひとつは源泉そのままの温度で湯船に投入されていると思われるもの(ライオン)と熱交換して冷ました源泉を投入していると思われるもの(木筒)、そして湯船に直接投入していると思われるものがある。そして白濁度も非常に濃く、トロトロしたやわらかい感覚がある。PH値からわかる通り、酸性湯のような刺激はない。湯船の中には段が造られており、身体が温まってきたらそこに座って半身浴。冷えてきたら肩まで浸かるを繰り返す。しかし濃厚な湯だ。ゆっくりまったりさせてもらう。他のお客さんも上がってしまい我々だけの貸切状態が続く。結局40分も浸かってしまった。001 003 004 006 009 013 014

服を着て休憩用の長イスに座り、掃除のおばさんと会話をしたが、ここ湯元温泉は夏でもクーラーはいらないらしい。扇風機で十分とのことであった。現在、熊谷、多治見では40℃以上を記録するような猛暑であるがここの朝晩は寒く、布団を掛けないと風邪をひいてしまうらしい。

帰りは日光金谷ホテル直営ベーカリーでパンをタラフク買い、渋滞に巻き込まれることなく無事に帰れた。

ここ湯の家のお湯。自然湧出でなく掘削自噴であることが唯一の不満(自然湧出だったらパーフェクトに近い)。それと入浴中にお湯から感じた硫黄臭を考えると衣服に硫黄臭がこびり付いてもおかしくないが、それほど匂わないのが不思議(私的には匂いプンプンが好きなのだが)。しかし泉質はかなり気に入った。また訪れたいと思う。007

| | コメント (0) | トラックバック (4)

奥塩原新湯温泉 寺の湯(見学)と湯荘白樺(再訪)

07年8月11日

最近は再訪する温泉が多くなってきました。理由は書きませんが、実は理由があるんです。

今回は義両親といつもの同行者と一緒です。この日はUターンラッシュの真っ只中。AM8時30分。羽生ICから東北道に乗る。佐野SAを過ぎたあたりからノロノロ。鹿沼IC手前付近から止まっては動きの状態。さすがに疲れてくる。ラジオの情報だとこの先も渋滞が続いているとのこと。ここで賭けに出た。宇都宮ICで下り日光宇都宮道路に入る。これが結局大正解だった。今市ICを下り鬼怒川経由で日塩もみじラインに入り、料金所を過ぎて1kmほど進むと硫黄の山が見えてくる。この真下が湯荘白樺である。PM0時着。結局、渋滞は宇都宮ICまでで、交通量は若干多いもののスムーズに進むことができた。濃緑の山々の景色も楽しむことができ「人間万事塞翁が馬」だった。

今回は新湯爆裂火口跡の真下に車を置くことが出来た。しかしこの日は暑い。標高1,000mのここは、空気はカラッとしているもののやっぱり気温が高い。熊谷の最高気温が37℃を超えたことを考えれば当たり前かな。

到着するとこの駐車場の真下にある奥塩原共同浴場のひとつ、寺の湯を見学だけする。この暑さ。温泉のハシゴはきつい。入口には料金箱が掛かっており入浴する場合には300円を払う。脱衣所は男女共用。恥じらいのある女性?はきついはず。建物も浴槽も全て木製。非常に風情がある。浴槽は左右同じ大きさのものが二つ。各々に源泉が注がれている。お湯は白濁。濁り度は思ったより強くない。今度は涼しい時に入ってみたい。001 002 003 004 005

この日、同行者は体調不良のため義両親と自分だけが入浴する。フロントで若旦那に入浴料三人分1,500円を払い中へ。まずは極上湯の露天風呂へ。先客さんはいない。貸切だあ!早速、掛け湯をするが…。あっ、熱い。決して入れない温度ではないがこの日差しと暑さ。長い時間は決して入っていられない。さっさと上がる。残念。

そしてさっさと内湯へ移動する。ここもだれも入っていない。貸切状態。掛け湯をするが露天風呂よりは温い。しかし長くは浸かっていられない温度。源泉口の上に備え付けてある清水の蛇口をひねり、冷水を浴槽に投入。濃度は薄くなるが気持ちよく入れなければ意味が無い。ドバドバ入れる。2~3分するとちょうどいい温度になる。そして肩まで浸かる。いや~あ。気持ちいい!この暑さで身体がベトベトになっていたが一瞬のうちにサラッとなったような。この日のお湯は濃厚さはあまり感じないものの身体に染み入るようなお湯であった。湯船の底は見えないものの白濁度はまあまあ程度。しばらく浸かり汗が出てきたところで、今度はカラン横に置いてある泥を身体中に塗りまくる。泥といっても源泉に溜まっている泥のような硫黄成分を集めて桶に入れているらしい。すこしザラザラする。匂いもあまりいいものではない。腐った匂いというか何と表現しようか…。貼ってある注意書きの通り、塗ったら3分以上はそのままに。そしてシャワーで流すと…。肌がスベスベになっていることに気づく。しかしここの内湯も素晴らしい!出たり入ったりを繰り返すが結局40分くらい。この内湯でまったりしてしまった。008007 009

最後に露天にもう一度トライするがやっぱり熱い。さっさと諦める。

上がった後は汗が止まらず。早々と車に戻りクーラーをガンガンかけて身体を冷やす。

帰りは西那須野塩原ICから帰る。行きとは違い、至って順調なドライブだった。

前回の湯荘白樺リポートは→http://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_5c70.html

※この湯荘白樺には源泉から搾取した「源泉の素」がひと瓶1,000円で売られていました。色はグレーでザラザラドロドロした泥のようなものです。これを浴槽に大さじ2杯程度を入れるといいらしいです。しっかりと買ってきてしまいました。これからは自宅で疑似硫黄泉を楽しめそうです。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

塩原元湯温泉 元泉館(再訪)

07年8月4日

今日は義父&いつもの同行者とつい先日訪れた塩原元湯温泉元泉館に行ってきました。私はこの前入浴しましたが二人は初めてです。

前回のレポートもありますのでサクっと書きたいと思います。(前回レポートはhttp://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_9802.html

元泉館着はAM11時30分。今回は新湯温泉経由で行った。こちらから行く方が周りの山々を観ることが出来る日塩もみじラインを通るため景色が良い。

今回は受付で「インターネット見ました!」と言ったため三人分1,800円で済んだ。浴室のある建物に着くとやはりこの時間帯だけに他のお客さんが多い。我々の他に4~5名はいるようだった。内湯で掛け湯をするが前回より熱い気がした。湯船に入ってみるがやはり熱い。っていっても普通に入れる温度である。42度くらいかなぁ。また湯船を清掃したばっかりなのかお湯の濁り具合が少ない気がした。この日のお湯の色は緑に近い。長野県五色温泉の内湯に似ている。お湯を舐めると苦味が目立つ。タマゴ臭は若干程度。とは言ってもやっぱりいいお湯。気持ちがいい。ゆっくりと堪能する。半身浴と全身浴を繰り返すこと20分。すっかりいい気分になった。身体から毒素が抜けた気分だ。001 002 003 004

続いて露天風呂へ。ここのお湯の色も前回とは違い緑色が強い。お湯の投入量が内湯よほど多くないせいか、濁り具合も強く、タマゴ臭も強い。温度は温め。この後の時間は露天風呂でまったりするか!と思ったが、今回も虻が…。しかも一匹どころではなく何匹も頭の回りを旋回している。とてもじゃないがゆっくりしている気分にはなれず5分程度で上がってしまった。やっぱりこの季節は仕方がないよなぁ(泣)。010 011 009

この後は結局、内湯でまったり。心身もすっきりさっぱりあっさりしたようだ。

義父も同行者もこのお湯に満足したようだった。いつかは泊まりできたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥塩原新湯温泉 湯荘白樺

07年7月28日

先週通ったばかりの道を進む。塩原温泉中心街を過ぎ、日塩もみじラインに入り料金所の手前が奥塩原新湯温泉。かなりの山奥であるが道は整備されており秘湯感はあまりない。ちょうどこの日塩もみじライン沿いに今回訪れた湯荘白樺がある。新湯爆裂火口跡のちょうど真下に位置する。PM3時40分着。到着すると車の置き場所が無い。結構、混んでいる。受付でその旨を告げるとこの宿より上に登ったところの専用駐車場を利用して欲しいとのことであった。車を止めると同行者が起きた。しかし寝ぼけており、「車で寝て待っているから入ってきておいで」との事。078_2 077_3

早速、受付で入浴料500円を払い、三階にある風呂へと向かう。ちなみにエレベーターはありません。二階には白熊の剥製が飾ってあり笑えた。三階に着くとまずは露天風呂(七福の湯)へ。076_1

木製で造られた小さな脱衣所。ここから数段の階段を下ったところに瓢箪形の湯船がある。ちょうど湯船の真ん中には仕切りが作られており混浴でも入り易くしているのだろう。奥が女性用、手前が男性用なのだろうか?各々4人くらい入ったらいっぱいになりそうな比較的小さな湯船である。先客さんが二名入っていたが、自分が入るとすぐに出て行ってしまった。またまたひとりで独占。それにしてもこのお湯。とにかく素晴らしいです!非常に気持ちいい。そして非常に非常に濃厚である。ドロドロした感もある。白濁の硫黄泉。硫黄の香りもなかなか。源泉の温度は約80度と非常の高温であるが湯量を少なくしているため湯船の温度はちょうどいい。お湯を少しだけ舐めてみるが焦げたようなタマゴ味がしてその後から酸っぱさが出てくる。PHが2.6のため当たり前って言えば当たり前。今日はこれで三ヶ所目であるが最後の締めくくりとして最高のお湯である。湯船も縁が木で出来ているため仰向けになるとちょうどこの木製の縁が枕代わりになる。いや~ぁ、幸せ~。065_4 062_3 063_1 066_3 067_3 064_4

続いて内湯へと向かう。湯船は6人くらいは入れそう。檜で造られた風情のある湯船。早速、湯船に浸かる。露天風呂より温度は高い。43度くらいかなぁ。露天風呂と同じ源泉であるが温度が高い分、投入されている湯量も多い。そのため白濁度も若干薄い。しかしそれは新鮮な証拠。しばらく入っているとさっき露天風呂でいらっしゃった先客さんが入ってきた。今度は自分が譲る番(笑)。さっさと上がった。075_2 068_4 070_3 071_2 074_1 073_2

そして最後の締めには露天風呂の極上湯しかない。再度、入ることにする。しかし夫婦らしきカップルが二組、入っていた。仕切りの手前と奥に各々一組ずつ。非常に入り辛かったが混浴だし、まあいいか。女性を見ないように背を向けて入る。しばらくするとそのカップルがやっと上がっていった。それから約5分。木製の縁に頭を載せてまるで寝湯のようにこのお湯を堪能する。しかし本当にいいお湯。間違いなくリピーターになりそう。

PM4時30分。湯荘白樺を後にする。ちなみに同行者は西那須野塩原ICに着く少し手前まで寝ていた。

このお湯に浸かれたおかげで非常にすっきりした感覚がある。渋滞も全くなく、PM7時過ぎに自宅到着。

湯荘白樺のHPは→http://www.mmjp.or.jp/sirakaba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高雄温泉 おおるり山荘(再訪)

07年7月28日

弁天温泉から那須の山の下り、湯本温泉鹿の湯を過ぎたところをまた上がる。PM0時20分、高雄温泉おおるり山荘着。

この前、訪れた時は曇天であったが今日は晴れ。フロントにはかなりの団体客がいる。こりゃやばいなぁ(笑)。早速、入浴料二人分1,000円を払い中へ。同行者は前回、まともに入っていないため全浴槽を制覇するつもりらしい。っていっても三つしかありませんが。

自分は内湯へと向かう。ここで頭を洗う。シャンプー、リンス、トリートメントと充実している。そして前回は浸からなかった湯船に少々浸かる。白濁のこのお湯はなかなかである。温度はちょうどいい。硫黄の香りがほのかにする。湯の投入量もなかなかである。露天風呂よりも濃い印象を受けた。

続いて露天風呂へ。到着するとだれもいない。フロントであれだけの人がいたにもかかわらずだれもいないとは…不思議だ。お湯を見るとエメラルドブルーのような少々澄んだ青っぽさがあるがほとんど透明に近く、白い湯の花が沢山舞っている。前回に来たときは白濁していたがきっと湯船と引湯のパイプを清掃したばっかりなのだろう。ってことは非常に新鮮なお湯が投入されているはず。まあ、新鮮といっても源泉はすぐ裏にあるから、どっちにしろ新鮮なことには変わりないが。お湯の温度はあいかわらず温めで自分にはちょうどいい。硫黄の香りのほんのりする。しかし未だにだれも入ってこない。まさにプライベート風呂である。非常に気持ちがいい。空は晴れており日差しが強い。海でなく温泉で日焼けしそうである。天気はよいが下界はガスっており、よく見えないのが残念。湯船に入ってり出たりはしたものの結局、ここで1時間近くも浸かっていた。もう少し入っていてもよかったが虻と蜂が顔の回りに飛んできたため上がる決断?をした。038_3 040_4 041_4 043_4 044_2 045_6 049_3 051_4 037_4

上がった後、またもや汗が止まらない。フロントのソファーで涼むがなかなか汗がひかない。PM2時。ここを後にする。

この後は前回、寄ることの出来なかった湯本温泉にある温泉神社へと向かった。

現地に着くと意外に空いており車を難なく置くことが出来た。この神社。思ったより階段が多い。汗が止まらない身体とこの気温の状況では少々きつい(笑)。しかしこの神社もなかなかのいい場であると感じた。鳥居をくぐると一瞬のうちに場が変わったのがわかった。神聖な場所特有の凛とした空気を感じた。と同時にひんやりとした感覚になり汗がひいてきた。参拝を終え、拝殿に向かって右側へ行くと湯本温泉名所である殺生石全体が見渡せる。何となく草津の殺生河原よりも観光化された感がある。054_4 055_5 056_4 057_3 058_4 059_2 060_4

車に戻ると汗はひいたものの身体がベトベトになっていることに気づく。せっかく温泉に入ったのに意味ないじゃん(笑)。

PM2時20分。温泉神社出発。南ヶ丘牧場でソフトクリームを食べた後、このまま帰宅するつもりで、車を走らせたが同行者が隣で爆睡を始めたのを確認。急遽予定変更。ベトベトの身体を再度流す意味で?塩原へ向かった。きっと同行者が目を覚ました時にはびっくりするであろう(笑)。

おおるり山荘の前回レポートは→http://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_9bab.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »