« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

奥塩原新湯温泉 むじなの湯

07年11月18日

塩原元湯温泉を出発。帰りは塩原新湯温泉方面から帰ることにする。それが失敗?だった(笑)。何となく新湯温泉街まで進んでしまい、温泉神社下の駐車場に車を止めてしまったのであった。ここまで来たらもうひとっ風呂。同行者は車の中で待っているとのことであった。以前訪問した湯荘白樺向かいの長い階段を下り共同浴場である「むじなの湯」に到着する。029 028

プレハブで出来たような建物であり男女別に浴槽が作られている。入口のBOXに入浴量300円を入れ中へ。脱衣所も浴槽も木造で風情がある。先客さんがいらっしゃったが、断りを得てシャッターを切らしてもらった。そして早速、湯船に浸かる。こりゃ~なんだ~!!石油臭がスゴイぞ~。ここは確か強い硫化水素臭がするはずであったが…。確かに硫化水素臭はするがそれよりも数段、石油臭が勝っていた。お湯の色は白濁。温度はやや熱めの42℃くらい。酸性なのに思ったほどキシキシ感はない。ちなみのここの湯は湯船の奥にある岩から自然湧出しているらしい。手を入れてみたがよくわからなかった。今日はこれで三軒目。結局10分ほどで上がる。027 025 026

このむじなの湯。気持ちいいとかよくないとか言う前にクセになる湯である。あの石油臭さが忘れられない。また嗅いでみたい…。そんな気分になる。

この後は千本松牧場にチョロっと寄って帰宅した。030

。西那須野IC→羽生IC(タッチ&ゴー)→久喜IC(渋滞のため下りる)→一般道にて自宅着(PM7時)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩原元湯温泉 大出館(再々訪)

07年11月18日

老松温泉を出発し、さらに山の上へと進む。同行者の「頭を洗いたいためシャンプーの置いてあって綺麗なカランのある温泉」へ行きたいとの要望から高雄温泉おおるり山荘へ。建物の前に着いたが二人とも老松温泉で温まったばかり。すぐに温泉に入る気がしない。しばらく考えたあげく、ここを引き上げることにした。さて、どうしようか?

結局、塩原まで行き、以前二回訪れた塩原元湯温泉元泉館へ行く。ここのカランは非常に清潔でシャンプーも沢山置いてある。しかしここで同行者だけ車から降ろし自分はというと…大出館へと向かった。

入浴料600円を払い、1Fにある墨の湯へ直行。今日は寒いせいか浴室の窓が閉まっていて湯気がスゴイ。写真を撮るがほとんど見えない。掛け湯をするといつもより熱い。さあ、湯船に浸かる。やっぱり気持ちいい~!温度は42℃くらいだろうか。長湯出来る温度ではないがいいお湯である。この日は湧出量が多いのか湯口からは普段の1.5倍くらいの量のお湯がドバドバと流れてきている。だから温度が高めなのだろう。またお湯の濃さもかなりのもの。真っ黒の湯の花が身体にこびり付く。まるで墨をかぶったかのような量である。スゴ過ぎる。タオルも真っ黒。身体も真っ黒。硫黄の香りもあり至福の時を過ごす。約30分。半身浴と全身浴を繰り返しながら堪能する。020 021

ちなみに上がる時にはものすごい人が押し寄せて、この広くない浴槽に約10人ほどがひしめいていた。

PM1時30分。元泉館に同行者を迎えに行く。非常に満足げだった。露天風呂が気持ちよかったのことであった。

なお、以前訪問したレポートはhttp://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_a021.htmlhttp://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_014b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老松温泉 喜楽旅館

07年11月18日

久しぶりの温泉です。悲しんでばかりでは前に進めません。

AM7時30分。自宅出発。東北道も至って順調。鹿沼ICでタッチ&ゴー。途中、紅葉が終わり、肌色に姿を変えつつある那須連峰が間近に見え非常に迫力があった。AM9時30分。那須ICを下りる。ここからは那須岳方面へ向かい、那須湯本温泉の入口にある橋のたもとを右折。細い道を200mほど進むと砂利で整備された広場に到着。ここが老松温泉喜楽旅館の駐車場。AM10時着。018

この喜楽旅館。非常にオンボロ風(笑)。木造のこの旅館は風情があると言えばあるのであるが今でも崩れるのではないかと思えるほどの建物。入浴の受付は温泉と別棟にある。こたつで横になっていたと思われるご主人らしき方に二人分1,000円を払う。このご主人らしき方から「温いお湯なのでゆっくり浸かってって下さいね」との一言。こんな一言が何故だか気持ちいい。別棟にある木造の螺旋階段を下り、奥へ進んだところに男女別のお風呂がある。001 017 016

脱衣所はこれまたボロい(笑)。しかし何となく風情があり木製のボックスが12個くらいあるだろうか。3~4人くらいは一度に着替えられそうなスペース。早速、湯船へ。湯船は二つ。手前が温く奥が熱い(熱いっていっても40℃くらい)。最初はまったり出来る、温めの手前の湯船に浸かる。以外や以外!気持ちがいい~。いい意味で裏切られた(笑)。温度は38℃くらい。お湯の色は白濁しているが透明度はそこそこある。お湯の匂いは強くはないものの心地よい程度の硫黄の香りがする。う~ん。まったり出来るぞ~!ここのお湯はアルカリ性であるようで肌には刺激がない。ツルスベ感といったものまでは感じなかったが。すぐそばに酸性の強い「鹿の湯」があるのに何だか不思議。備え付けのコップで源泉口から流れ出るお湯を汲んで飲んでみた。タマゴ臭が鼻から抜けるが飲めなくはない。実は奥の湯船にはチョロチョロとお湯が掛け流しされているが手前の温い湯船にはお湯は投入されていない。ここの源泉は30度と低いため加温されている。きっとそのため掛け流しっぱなしでは加温が追いつかないのだろう。なので湯船には蛇口が付いており、それを自分でひねると加温された熱いお湯がドバドバと投入される仕掛けとなっているのである。セルフサービスの温泉といったところだろうか。非常に気持ちがよく、肩まで浸かりじっくりと身体を温める。久しぶりの温泉でもあるせいか、身体に染み渡るようである。途中、入ってこられた地元のおじさんと会話をしたが、この温泉は隠れた名湯のようでファンが多いとのことであった。関節痛など治った方が何人もいるらしい。自分もこの温泉のファンに仲間入りしたい!非常に気に入った。結局40分間。じっくりと浸からせてもらった。002 003 004 005010 011  007 009 008

同行者にも感想を聞いてみたが自分と同じく非常にいい湯だったと言っていた。

ぜひまた来たい。数ある那須の温泉の中でもかなり気に入った温泉であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微温湯温泉 旅館二階堂

07年11月3日

滑川温泉を出発し、再度福島市内に戻る。空は晴れており気持ちがいい。ここから吾妻小富士の向かって田舎道を走る。しかし途中で通行止めの案内。早速、旅館二階堂さんに電話し迂回路を教えていただく。国道115号線で土湯温泉方面に向かい、あづま運動公園?を過ぎて約1.5km先に雑貨屋さんがある。ここを右折し細い道へ入る。ここからは山道となる。舗装されて走りやすいが道幅はところどころすれ違い出来ないようなところもある。でも大平温泉よりは数倍楽。途中、車窓から見える紅葉が本当にきれいである。また福島市を望める場所も多々あり、夜景もきれいなんだろうなぁって思う。そんな道を約10km。かなりの山奥に入りこんなところに温泉宿があるんだろうとか思っていると正面行き止まりに茅葺屋根の建物が現れる。ここが微温湯温泉旅館二階堂。標高920mにある一軒宿である。ここも風情があるなぁ。018 017

同行者は滑川温泉で満足したようで車の中で待っているとのこと。自分だけで中へ入る。感じの良い田舎の方々といった雰囲気の若女将?に500円を払い中へと進む。建物も木造で昔ながらの田舎の家屋といった雰囲気。木の香りが気持ちのいい長い渡り廊下を進み、自炊用台所を過ぎ、突き当たった所が浴場。ちなみに宿泊棟とは別棟にある。

あっ、ちなみにここのトイレはウォシュレットできれいです。ウォシュレット付きのトイレが備え付けてある宿には好感が持てます。汲み取り式は仕方が無いとして水洗の場合、少しお金を出せばウォシュレットは着けられるはずです。自分の中では「トイレ=宿の顔」くらい重要に思っています。トイレでその宿の全てがわかるといっても過言ではないと思ってます。

浴室は男女別になっている。早速浴室へ。手前には木製の浴槽で8人くらいは入れそうな大きさ。ここにはものすごい量の温泉が注がれている。オーバーフローしたお湯の排水が間に合わないと思えるくらい。奥にある白い浴槽は循環加熱風呂。しかもこのお湯は温泉ではないらしい。温泉の温度が温いため、身体を温めるために備え付けられているそうだ。なので興味がないため今回は無視。早速、木製の本物の温泉浴槽に浸かる。う~ん。温い。温水プールの温度といったところだろうか。おそらく30℃くらいだろう。しかし温いのが好きなため苦痛にはならない。むしろ気持ちがよくなってきた。5分くらい浸かっていると身体が軽くなってきるような感覚になる。源泉口からはすごい量のお湯が勢いよく投入されており、ここに身体を近づけるとツボ押し効果もありそう。おもわず足裏をマッサージ?する。お湯は無色透明。舐めてみると酸っぱ鉄味。目に効く温泉とのことで目にお湯を浸けてみたがしみない。酸性なのに不思議だ。浴槽の底には砂のようなものが沈んでおり、汚いなあと思って手ですくってみると砂ではなく湯の成分である鉄分が固まって砂状になったものであった。このお湯は温く賛否両論があると思うが自分は好きである。長く浸かっていると何故だか気持ちがよくなるのである。不思議である。何度、寝てしまおうかと思ったことか。源泉口の正面がもっとも新鮮なお湯が注がれるため、そこに陣取り、肩を出すと身体が冷えるため肩までドップリ浸かり、時折目を瞑り瞑想状態を楽しんだ(笑)。結局45分間、一度も上がることなくこの湯を満喫した。何故45分かといえばトイレに行きたくなったから(笑)。湯からあがると寒い。急いで服を着てトイレに駆け込み、そして同行者の待つ車へと戻った。054 055 056 057 010 011 060

ここからは福島西ICで東北道に乗り、渋滞も全くなく自宅へ戻った。020 019

この微温湯温泉。温くていやだと思う人も沢山いらっしゃるかもしれないが自分は好きである。クセになるお湯である。このお湯に入って何時間ものんびりするのもいいなぁ(ここの温泉も来年春まではお預けなんだよなぁ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滑川温泉 福島屋

07年11月2日~3日

最近、仕事のストレスで体調を崩しています。どうやら心身のバランスが崩れているようです。そこで同行者が気を使ってくれて「温泉に行こう」と言ってくれました。自分にとって自然に癒されるのがなによりも一番効果があるはずです。

PM11時30分。自宅出発。今回は何となく長いドライブがしたくなったため国道4号線で北上。急ぐわけではないのでのんびりした走行。小山、宇都宮、矢板、白河、郡山と過ぎ、AM4時。本宮ICから東北道に入り、安達太良SAにて仮眠。AM6時45分、再び出発。この日の朝の天気は良く、安達太良山や吾妻連峰が手に取るように目の前に迫り、おもわず「うぉ~、すげぇ~」と声をあげてしまった。福島飯坂ICを下り、国道13号を進む。山形県に入り最初の曲がり角を左折。JR板谷駅、先日見学した峠駅の横を通り、AM8時30分。滑川温泉福島屋に到着。標高850mのこの地はやはり曇っていた。宿はかなり古い造りでありが風情がある。横には流れの速い、前川が流れており、この川の音がなんともいい雰囲気を出している。022 023

受付はAM9時からであるが、フロントの若いお兄さんに声をかけると「どうぞ」の返事。早速、お邪魔させていただく(二人分1,000円)。しかしこの日は名物の露天岩風呂が12時まで女性専用となっていた(残念!)。玄関からキシキシと音を立てる床を抜けると一旦外に出る。ここが露天岩風呂と檜露天風呂の入口。備えられているサンダルに履き替える。同行者は女性専用の岩風呂へ。自分は混浴となっている檜露天風呂へ。053 038 037

脱衣所からして風情がある。木造である。かなり小さく四畳半程度の大きさ。早速、湯船に。湯船の大きさは7人くらいは入れそう。ケロヨンの黄色い桶で掛け湯をするが結構熱い。なので入念に掛け湯をし身体を慣らす。ようやく慣れたところで入湯。これは気持ちいいぞ~!思ったより肌触りが柔らかい。お湯の色は若干白濁しており、硫黄の香りがする。湯の花のちらほら浮いている。湯口から流れ出るお湯を舐めてみるとタマゴ臭がプ~ンと鼻から抜ける。自分好みだ。お湯の温度は43℃~44℃くらいだろうか。川のせせらぎとこの高地特有の凛とした空気。そして紅葉が終わりかけているもののそれでも美しい木々。これらに囲まれ、しかも硫黄臭。う~ん。たまらないなぁ。お湯は熱めだが外気が低いため半身浴を数分すると肩がすぐ冷える。すると即座に全身浴。この繰り返し。この湯に浸かっていると心身が洗われていくようであるのと同時に自然のパワーを注入してもらっているように感じる。貸切状態が長かったせいでまったりすることが出来た。湯船の縁に首を乗せ、しばし眼を瞑っていると聞こえてくるのは川の音と風の音のみ。なんて素晴らしい環境だろう。結局、熱いお湯なのにもかかわらず40分も入っていた。しかし逆上せることもなく、上がった後は気分爽快。030032_2  029 024 026 028

続いては内湯へ。この福島屋は男性専用風呂はなく混浴と女性専用のみとなっている。一旦建物の中へ戻り、木造の階段を一階下がったところに内湯がある。この内湯はものすごく風情がある。湯治場を思わせる造りである。湯船は御影石のようなもので出来ている。壁はもちろん木造。浴室には上がり湯まである。早速、湯船に浸かる。これはGOODな温度。40℃くらいだろうか。ほとんど無色透明なお湯である。硫黄の香りは檜風呂に比べやや落ちるが、消しゴムのカスのような湯の花の量がすごい。ここは長湯出来そうなお湯。自然との一体感は感じられないかもしれないがお湯自体を楽しむにはむしろこちらの方がいいかもしれない。本当に気持ちがいい。しかし同行者が外で待っているのが気になり、結局10分であがる。040 051 039 041 042 048 049 043 052

もう少し長く滞在していたかったのであるが、もう一軒ハシゴする予定があったのと夕方には地元に戻らなければならない事情があり、後ろ髪を引かれる思いでここを後にする(ここは来年の春までお預けなんだなぁ)。

ここは人気の姥湯温泉の途中にあり、どうしても通過しがちであるが、自分は姥湯よりもむしろ滑川の方が好きである。姥湯は混みすぎで「自然をまったり」なんて味わえない気がするし、仮に空いていたとしてもあの景色を絶景だとは思う半面、荒々しすぎて落ち着ける景色ではない気もする。いつの日か、ここ滑川温泉で宿泊をしてみたい。

※同行者からもらった露天岩風呂と女性専用内湯の画像を載せます。008 007 005 003 004 001

滑川温泉福島屋のHPはhttp://www.ne.jp/asahi/namegawa/hukusimaya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しいできごと

書こうか書くまいか迷いましたが、自分のブログなので書きたいと思います。

先日、一緒に温泉へ行っていた義父が亡くなりました。約4年間の闘病生活の末のことです。完治しないとわかっていながらよくここまで頑張ったと思います。大変やさしい方で、人が困っていると放っておけない性格でした。出会ってから約17年間、大変お世話になりました。心からお礼を言いたいと思います。

お葬式も終わり徐々に落ち着きつつあります。心身が落ち着いたら、またブログをUPしていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »