« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

万座温泉 豊国館(再々訪)

07年11月23日

万座プリンスホテルで少し休憩の後、同行者はここでしばらくゆっくりするとのことで、自分だけはここを引き上げて万座温泉の一番手前にある豊国館へと向かった。

この豊国館。以前より綺麗になった。玄関には「日帰り入浴」を促す木製の立て看板のようなものが置いてあり、少しビックリした。受付でおなじみの愛想のあまりよくないご主人(笑)に入浴料500円を払い、中へと向かう。中はあいかわらずオンボロ(笑)。030

早速、内湯へと直行。とにかく湯気がスゴイ。写真なんて撮れる状況ではない。掛け湯をするが、何と熱いこと!この瞬間に内湯を諦めて露天風呂へと向かう。035

この日もやはり貸切状態。プールの如く大きな露天風呂に一人きりなんて最高!早速、掛け湯をするが…。あっ、熱い!!プールのような大きい浴槽でしかも雪が降るほど寒い外気なのに何故??どう考えても44℃くらいはありそう。しかし湯口の方に近づくとその理由がわかった。普段より、お湯の投入量が明らかに多い。なので湯口に近づくにつれてお湯の温度が熱くなり、まともに近づくと肌が痛くなる。あまりに熱いので湯口から一番遠くに陣取り、湯浴する。しかし慣れって不思議なもの。全身浴→足湯→全身浴を繰り返していると段々心地よくなってきた。身体が火照ってくると冷たい外気に当たるのも非常に気持ちがいい。結局、最後には湯船の縁に頭を乗せて寝湯のようなことまでしてしまった。040 039 034 033

服を着ると額から汗が止まらない。それと何となく身体がだるくなってきた気がした。おそるべし豊国館。濃厚なお湯は健在だった。042

PM3:17発のバスにて万座・鹿沢口駅へと向かう。PM4:24発の草津6号にて帰宅した。そういえば、豊国館のお湯から上がった直後は身体がだるくなったが、一晩寝て起きてみると何ともすがすがしい、快適な身体に変身していた。やっぱり豊国館の苦湯はスゴイ。044 045

最後に豊国館露天風呂の動画をUPしました。画像は粗いですが…。「047.mpg」をダウンロード

なお、以前訪問した時のレポートはhttp://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_309d.htmlhttp://chiharuchappy.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_34a1.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万座温泉 万座ホテル聚楽

07年11月23日

この季節。やっぱり万座です!あの硫黄臭に白銀世界。そして凛とした空気。たまりません。我慢できずに行ってしまいました。

AM7:45大宮発の草津1号にて出発。前夜、指定席を取っていたのがよかった。意外と混んでいた。空は快晴。あいかわらず赤城山、榛名山が間近に見える。非常にいい気分。AM9:59万座・鹿沢口到着。ここまでくると少しだけ天気雪が降っていた。AM10:13発の西武高原バスに乗る。このバスで万座温泉へ向かうのであるが、万座ハイウェーの料金所を過ぎた直後から、道路には薄っすらと積雪が…。まだ11月というのにびっくりである。表万座付近までくると普通の積雪にかわる。AM11:02に終点である万座ブリンスホテル前到着。ここまで来ると回りは銀世界。さすかに標高1,800mであるがゆえに寒い。この寒さで久々に耳が痛くなる。

ここからは積雪で歩づらい道を10分進む。すると万座温泉の一番奥にある「万座ホテル聚楽」到着。一番奥と言ってもプリンスホテルのお向かいに位置する。ちょうど湯畑から続く谷を挟んでぐるっと反対側に回った場所にある。ここ聚楽は奥万座にある法性の湯という湯を使用している。万座で有名な苦湯や姥湯とは違う源泉である。002 003なので非常に楽しみであった。 005

受付に着くとAM11:20。まだ時間があるがフロントにもう入ってよいか聞いてみた。するとPM0:30から受付とのこと。えっ?。HPに休日、土日はAM11:30からと書いてあるため、そのあたりを突っ込んだ。すると偉い方?が出てきて「今、至急準備しておりますのでもう少しお待ちください」との返事。結局11:50分に受付することが出来た。やっぱり聚楽ってB級ホテルだよなぁ。お詫びの仕方がとにかくイマイチ。「申し訳ありません」の一言が全くなかった(入浴料は1人/1,000円)。

フロントは4Fにあり、一階下がった三階の一番奥に風呂がある。男女別に内湯と露天風呂がある。脱衣所に入ると当然ながらだれもいない。清掃が行き届いて非常にきれいである。029

そして内湯へ。浴槽は大きく15人くらいは入れそう。檜だろうか?木製の湯船は風情がある。そして湯に浸かる。う~ん。ここも気持ちがいい~!万座の湯にしては不思議なくらいまろやかである。肌への刺激が少ない。少しスベスベ感さえも感じる。お湯の色は白濁。やや青く見える時もある。お湯の温度は40℃くらい。早速、湯口から流れ出るお湯を舐めてみるとやっぱり酸っぱい。しかしまったり出来る湯である。硫黄臭はそれほどきつくはなく、ほんのり程度。006 007 008 009 010 019 027 016

続いて露天風呂へ。外はやっぱり寒い。6人くらいは入れそうな木製の湯船に早速浸かる。内湯よりも温度が高く42℃くらいだろうか。白濁は内湯とは違い、透明に近い。それだけ新鮮な湯なのかもしれない。確かに内湯湯船の大きさに対してのお湯の投入量よりも露天風呂のそれの方がはるかに多い。ここも気持ちにいいお湯。外気は非常に冷たいため湯当たりしづらい。空気も凛としていて身体がす~っとする。前方には雪化粧された荒々しい山肌と白い煙を吐き出す空吹が間近に見えるので景色も非常によい。ここでもまったりと至福の時を過ごす。途中、地元のおじさんが入ってきて、色々と話をさせてもらった。見た目は少し恐そう(笑)だったが気さくないい方であった。011 012 013 026

仕上げは内湯で。とにかくまったり出来るやさいい湯である。湯船の縁に頭を置き、目を瞑ってゆっくりと浸かる。心身が洗われていくようであり、また自然のパワーを注入されているようでもある。何時間でも入っていられそう。017

結局1時間。ここのお湯を堪能させてもらった。上がった後は身体がポカポカ。同行者も満足な様子だった。ここからは散歩がてらまたまたプリンスホテルまで行き、中にある喫茶店でケーキセットを食べる(840円)。

万座ホテル聚楽のHPは→http://www.hotel-juraku.co.jp/manza/

※同行者から女性用内湯と露天風呂の画像をもらいました。女性用には露天風呂が二つもあり羨ましい。055 050 053 054

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »