« 新高湯温泉 吾妻屋旅館 | トップページ | 塩原福渡温泉 和泉屋旅館 »

高湯温泉 旅館玉子湯

07年12月30日~31日

10:40分過ぎに米沢駅に着いたが、乗車予定の列車出発時間まで時間もあるため、ここで米沢牛を堪能することにする。吾妻屋旅館でも食べたが、せっかくなので極上に近いものを食べてみたい。駅前にある洋食屋「東洋館」に入る。同行者はビーフシチュー、自分は米沢牛サーロインステーキを注文。値段も立派であるが味も立派。肉の脂が上質で胃にもたれない。品のある味とはこういうものかと思わせてくれた。非常に満足。またビーフシチューのデミグラスソースも超濃厚。ごはんに掛ければ何杯でも食べれそうなソースだった。Image148 Image147 Image146

13:10米沢発→福島13:57着。玉子湯の送迎バス出発時間は15:15。まだまだ時間があるため福島駅のコーヒーショップで休憩。毎日コーヒーを飲んでいる我々としては久々のコーヒー(昨日飲んでいないだけなのに)がやけに美味く感じる。

結局15:20に福島駅西口より出発。5分遅れである。ある家族客が遅れてきたためである。たった5分という方もいらっしゃると思うが、遅れる旨を玉子湯に連絡もしていない様子で、しかも遅れてバスに乗り込むも悪びれた様子もさらさらない。遅れたら遅れたで乗り合わせた他の客に「謝れ!!」。それがマナーでしょ?

15:50高湯温泉旅館玉子湯到着。さすがは奥州三高湯の創業140余年の老舗旅館。建物は思ったより大きく、出迎えもあり我々が泊まる宿としては少々不釣合いのような(笑)。今回は一番安いプランで本館の203号室。若いお兄ちゃんが荷物を部屋まで運んでくれた。このお兄ちゃん。まだ新人っぽいが誠実そうな感じのする好青年で、一生懸命さが感じられ応援したくなった。結局、夕飯、朝飯の配膳も彼がやってくれた。これからも頑張れ!

この玉子湯には内湯が二つ。それから大きな庭園内に露天風呂3つと足湯、そして茅葺小屋の玉子湯があります(庭園にある外湯は足湯以外全て22:00~6:00までは閉鎖)。またこの庭園には温泉神社や自然湧出源泉もあります。なお、ここも温泉が多いため箇条書きで書きたいと思います。090 091 093 094 Image154

<玉子湯>この宿の名前の由来となった湯。ここのお湯に浸かると玉子のように肌がツルツルになる、またお湯の匂いがゆで玉子に似ているとのことからこの名が付いたそうだ。創業当時のまま残されている湯小屋で非常に風情がある。文化財クラスのものかもしれない。男女別になっている扉を開けるとそこはすぐに浴槽。奥に脱衣棚。おそらく最近改修されたであろう浴槽には透明の湯が注がれている。しかし浴槽内部の湯の色は白濁でかなり濃い。温度は42℃~44℃くらいを行ったり来たりしているようだ(何度かここに入ったが夜遅くが一番熱かった)。お湯を舐めてみると酸っぱさ+タマゴ臭。まったり感は若干あるといった程度であるがいいお湯である。結局、玉子湯の中でもここのお湯が一番気に入った。21時過ぎや朝7時くらいだと比較的空いておりまったり出来る。一人で入る玉子湯もまた風情があって何とも心地よい。(右回→右回縦→右回左上~右下→右回横)058 057 101 105 104 103 099 Image158

<野天岩風呂(天渓の湯)>ここには浴槽が二つあり、奥の浴槽には積み上げられた岩の間から大量のお湯が注がれている。この奥の浴槽からあふれ出たお湯が手前の浴槽に注がれる仕組み。奥の浴槽はやや熱めで43℃~44℃。手前の浴槽は適温で42℃くらいだろうか。脱衣所も浴槽も木造。風情がないことはないが、何となくアトラクションっぽい雰囲気を感じてしまった。泉質は玉子湯と同様と思われる。(旅館玉子湯に到着した時は男湯であったが翌朝には女湯に変わっていた)128 129

<野天岩風呂(天翔の湯)>一番奥に位置する。浴槽はひとつ。基本的には天渓の湯とそっくり。ただ、朝に入った際に貸切状態だったため非常に気持ちよかった。087 085 Image152

<野天岩風呂(瀬音)>女性専用風呂。同行者に聞くと他の野天岩風呂と変わらないとの事。114 116

<大浴場(滝の湯)>男女別に各々ある。旅館内にあり24時間入浴可能。シャワー、カランも沢山あり頭を洗いたい場合にはここで。浴槽は木製で、この大浴場だけでも満足しそう。また庭園にある各々の風呂の湯よりやわらかく、まっらり感を感じることができた。074 075

<内湯(仙気の湯)>湯疲れしそうで今回は敬遠した。

<足湯>だれも利用してなかったような。自分も当然利用してません。だってせっかくだから全身浸かりたいですから。Image153 Image155

<食事>とにかく豪華。大型ホテルで出される料理といったもの。味は良かった。Image149 Image151

AM10:30分。福島駅へ向けて玉子湯を出発。この日は大雪で冬の東北の温泉らしさを感じた。お見送りでは玉子湯の従業員の方々が全員?手を振っていた。見えなくなるまで。これにはびっくりした。福島駅からは鈍行列車を乗り継ぎ、無事に帰宅した。

この旅館玉子湯。お湯は素晴らしいし、特に玉子湯は風情があり気に入った。ただ大型ホテルといった感が強く、またアトラクション的な感が表立ち、自然を味わう場所ではないような。秘湯感は全くない。おそらく家族連れには持って来いの宿かもしれない。

最後にここに来るお客さん。マナーの悪い他の客が多すぎる。まずは掛け湯をしない人の多いこと。それと大声を上げて、まるで自分達の貸切風呂か?と思ってしまうほど周りを全く気にしない方々。決して玉子湯さんが悪いわけではないのだが。これが非常に残念だった。

この度、ホームページを作成しました。まだ未完成ですが少しずつ仕上げていきたいと思います。ぜひご覧下さい。ホームページ「温泉を通じて」

|

« 新高湯温泉 吾妻屋旅館 | トップページ | 塩原福渡温泉 和泉屋旅館 »

福島県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高湯温泉 旅館玉子湯:

« 新高湯温泉 吾妻屋旅館 | トップページ | 塩原福渡温泉 和泉屋旅館 »